学校ブログ

枝小の日常

一番ぜいたくな給食がでたよ!

5月9日(木)

今日の給食は、献立表にも書かれてますが、「年に一度の豪華献立」でした。

それは、なんと、毛ガニのてっぽう汁です。ここ枝幸だからこその献立です。

1年生も「食べるのがむずかしいけど、おいしぃ~!」と言ってうれしそうに

食べていましたよ。

本日の、ご飯持参のご協力もありがとうございました。

 

 

ブラッシング教室(2年生)

5月8日(水)

2年生の教室で、歯科衛生士さんによる「ブラッシング教室」を実施しました。

「むしばのたしざん」で虫歯になる原因や虫歯菌のことを子どもたちにわかりやすく、

教えてくれました。

今日は2年生ということで、特に前歯に重点を置いて、ブラッシングの仕方を指導

していただきました。子どもたちは、鏡を見ながらよく磨けているか、しっかりとチェックを

していました。

歯磨きはほとんどがおうちでの取組となるので、今日学んだことを親子で共有をして、

いつまでも元気で丈夫な歯を保てるようにしましょう。

桜 咲く!

5月2日(木)

中庭の桜が満開に咲き誇っています。

とっても、美しいです!

中庭では、ドッジボールなど子どもたちが楽しそうに遊んでいます。

連休の谷間ですが、今日も子どもたちは元気にそして楽しく学校に来ています。

 

1年生を迎える会

4月25日(木)

5時間目に「1年生を迎える会」がありました。

入場はもちろん、6年生が演奏する伝統の「枝小マーチ」です。

各学年の発表では、学校での行事や生活そして安全にかかわること等、1年生にも楽しく、

わかりやすいようにクイズ形式での発表をしてくれました。1年生もよくわかっていて、

「〇」とか「×」を手を使って元気いっぱいに答えてくれていました。

2年生からは「校歌の歌詞カード」のプレゼントがありました。

1年生のお礼の挨拶も大変立派で、みんなで声を合わせて大きな声で上手に言えました。

心が温まるとてもすてきな会でした。

全校集会

4月24日(水)

チャレンジタイムに今年度第1回目の「全校集会」が行われました。

内容は、各委員会からの活動目標と活動計画の提案でした。

各委員長より、よく考えられた目標と学校をよりよくするための

活動(案)が発表されました。

楽しい学校の生活は枝小っこ全員で創っていくものです。

5月の児童総会に向けて、各学級での話し合いをよろしくお願いします。

授業参観・PTA総会

4月21日(日)

本日、令和6年度初めての授業参観日でした。

新しい学年での子どもたち、そして、新しい先生を楽しみに

たくさんの保護者の方々が授業を観に来てくれました。

教室に入りきらないほどのお父さん・お母さん、ご家族の方々に、

子どもたちも、少し緊張をしていましたが、精いっぱいの頑張りを見せてくれていました。

PTA総会も体育館で4年ぶりに集まって開催もできました。

改めて、この1年間どうぞよろしくお願いいたします。

力試しの一日

4月18日(木)

今日は、6年生は「全国学力・学習状況調査」(国語・算数)、2年生から5年生は

「学力テスト(NRT)」(国語・算数)が実施され、子どもたちにとっては、

身に付いた学力(実力)を出し切る大切な一日となりました。

どの教室でも真剣に集中して問題に取り組んでいましたよ。

普段のがんばりがきちんと出せますように...。がんばれ!枝小っこ!!

 

今年も「おおぞら号」がやって来た!

4月16日(火)

今年も移動図書館の「おおぞら号」が学校に来てくれました。

この日を楽しみに待っていた子どもたちが列をつくって本を借りに来てくれました。

中に入ると、読みたい本がいっぱいあって選ぶのに時間がかかってしまいます。

今年もたくさん本を読んでくださいね。

おおぞら号 また来てください。 ありがとう。

ぽかぽかおひさま でかけたいね (2年生)

4月16日(火)

2年生が生活科の授業「ぽかぽかおひさま でかけたいね」の学習で、

まち探検に行ってきました。

まさに、ぽかぽかのお天気で一生懸命に歩くと汗ばむような気候でした。

枝幸の市街地はたくさんのお店屋や建物がぎゅっとまとまって建っているので、

改めてたくさんの発見がありました。

どんなふうにまとめていくのかな。これからの学習が楽しみですね。

 

知能検査をやりました。

4月15日(月)、スタート第2週目ですが、さっそく3年生と5年生の学級で知能検査を行いました。

知能検査の目的は、話す力・見る力・覚える力・判断する力などを数値化することで、児童の「苦手なことや得意なこと」から、「勉強の仕方や普段の関わり方において、より良い支援の手立てを考えたり、児童一人一人の学習スタイルを把握し、日々の学習指導に役立てたり、認知発達の水準を評価し、その人の得意分野、不得意分野を分析することで、発達支援や学習指導の方向性を検討したりすること等があげられます。

子どもたちは、通常のテストや問題とは違う出題に戸惑いながらも、解き方・考え方の説明をよく聞き、次から次へと出てくる問題に真剣に取り組んでいました。